赤ちゃんが灰白色の便をしたら月齢によっては病気の可能性あり

赤ちゃんのうんちの色が灰白色だったら、月齢が低いほど病気の可能性あり!

 

先天性の病気の一つに胆道閉鎖症がありますが、
生まれる前に胆管が閉鎖したり、出産後に胆管が閉鎖していくため、
胆汁が流れていくことができず肝臓に蓄積されちゃう病気です。

Sponsored Links

便に色をつける胆汁が流れてこないから赤ちゃんの便の色も変わってくるんです。
便の色は胆汁に含まれる「ビリルビン色素」でつけられるものなのです。

 

胆道閉鎖症は進行していくことで、脳出血や消化管出血といった命にかかわる病気につながることがあります。

 

実は病院に行っても早期発見が難しかったりします

胆道閉鎖症の実例からうんちの色を調べてみると、

 

書籍で紹介されている色と実際の色が違う
  • 書籍・・・灰白色、白色、白っぽい色
  • 実際・・・薄い黄色、クリーム色、薄い緑色、プリンのような色

 

1ヶ月健診では母乳性黄疸と区別がつきにくい

この時期はまだ母乳性黄疸が出ているから、胆道閉鎖症の黄疸と区別がつきにくいんです。

 

そもそも診療科が違う
  • 健診で赤ちゃんを連れていく科・・・小児科
  • 胆道閉鎖症を診断できる科・・・小児外科

小児科の先生の多くは書籍(医学書など)から得た知識がある程度なんです。
先にも言ったように書籍と実際の便の色に違いがあるから、小児科でいくら「便の色が変」と訴えたところで、「白くない便=胆道閉鎖症じゃない」と判断されちゃうんです。

 

ロタウイルスに感染しても便が灰白色に!

乳児下痢症といってロタウイルスに感染しても灰白色になります。
この場合は治療すれば治るけど、胆道閉鎖症は自然治癒しない病気なんです。

うんちの色以外にも特徴があるんです

うんちの色は人によって表現の仕方が違うから、白灰色、薄い黄色、白っぽい…。
同じ色を見ても訴え方が違ってきますよね。

 

これだけだと病院の先生も判断が難しいんです。
実はうんちの色以外にも特徴があって、

 

  • 水分多めの便だったのに水分が減ってポロポロになっていった
  • ポロポロのツブツブが水分とは別に出たような感じ
  • 油っぽい・油のような膜がある
  • いつもよりお尻についた便を拭き取りやすい
  • チーズのような、おぼろ豆腐のような便

 

もし便が白くなくても、これらが気になった時は病院に行ってくださいね。
放っておくと後遺症が残ったり、命にかかわる病気の引き金になっちゃいます。

試してみてよかった!人気の通販商品